ローヤルゼリーサプリメントランキング

メインイメージ

生ローヤルゼリーの賞味期限は?

ローヤルゼリーは鮮度が大切なポイントです。
採取仕立てに特殊加工し乾燥させたタイプのものと違い、採取後すぐに瓶詰めされた生タイプのものは純度、栄養価ともに大変優れたものですが、品質管理が難しいというデメリットがあります。

そのため価格も高価なものとなってしまいます。
しかし、その高い栄養価から長年多くの人に愛飲されている商品でもあります。
せっかくの貴重な生ローヤルゼリーですからできるだけ品質の劣らないうちに摂取したいものです。

保存が難しいと言われていますが、具体的にはどれくらいの賞味期限なのでしょうか。
ローヤルゼリーに含まれる特有成分であるデセン酸は防腐効果があります。
そのため、ある程度は常温で保存することも可能です。
しかし、「生」であることを考えると他の生鮮食品と同じように考え冷蔵庫や冷凍庫で保存するし、早めに摂取するのが懸命です。

目安としては常温保存の場合は15日間が賞味期限といわれています。
冷蔵保存の場合は1年間、冷凍保存の場合は3年間品質を保つことができるといわれています。
賞味期限内でも徐々に品質、栄養素は壊れていってしまいますから早目の摂取を心がけましょう。
購入する際も一度に大量に購入するのではなく、必要な分を少しずつ購入する方がより栄養価の高い状態で摂取することができます

生ローヤルゼリーには独特の舌を刺すような酸味があります。
高級なはちみつだと思って摂取すると甘みが全然なく、その独特の味にびっくりしてしまうかもしれません。
しかし、その酸味こそ特有成分デセン酸の味であり、ローヤルゼリーが高品質なものであることを示す証拠となります。
どうしてもその味が苦手だという場合はハチミツやヨーグルト、牛乳などに混ぜて摂取するようにすると食べやすいかもしれません。
この時に注意が必要なのは、お茶と一緒に摂取してしまうとお茶に含まれるカテキンがローヤルゼリーに含まれる鉄分の吸収を妨げてしまうのでお茶との摂取は避けるようにしましょう。
また気になるローヤルゼリーの副作用についても参考にご覧ください。